資料請求お問い合わせ

自動車共済

ホーム > 共済の商品ご案内 > 自動車共済

~相手の方を死傷させた場合への備え~

対人共済

 自動車事故により、他人を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負ったとき、自賠責共済(保険)の補償額を超える部分について共済金をお支払いします。

共済金額の種類(被害者1名あたりの支払限度額)

 1,000万円・2,000万円・3,000万円・4,000万円・5,000万円・6,000万円
 7,000万円・8,000万円・1億円・1億3,000万円・1億5,000万円・2億円・無制限

 ※1事故の支払い限度額は、共済金額に係わらず無制限です。

~単独事故(相手に過失がない場合を含む)により被共済者が死傷した場合の補償~

自損補償(対人共済に自動付帯)

 塀や電柱などに衝突したり、崖から転落したりなど、共済契約者を含む被共済者が死傷され、その損害について自賠責共済(保険)による支払いが受けられない場合に共済金をお支払いします。

お支払いする共済金額

死亡共済金 対人共済の契約金額に応じて1,000万円~1,600万円
後遺障害共済金 後遺障害の等級により死亡共済金の100%~4%
医療共済金 入院1日につき6,000円 通院1日につき4,000円(限度額100万円)

 ※労災保険の給付がある場合、各共済金は2分の1となります。

共済契約者へお支払いする共済金額

  • 減収補償共済金 対人共済の契約金額に応じて100万円~160万円
     ※減収補償共済金は、交通共済独自の補償制度で、死亡または60日以上の入院の場合に
       お支払いします。
  • 臨時費用
    死亡の場合 20万円
    60日以上入院 10万円
    葬祭費 50万円 ※共済契約者が葬祭を行った場合

~共済契約自動車に搭乗中の被共済者が死傷した場合への備え~

搭乗者傷害共済(対人共済に付帯してご契約いただけます)
 共済契約車両に乗車中の人(運転手を含みます)が自動車事故によって死傷した場合、補償対象となる方それぞれに共済金をお支払いします。

共済金額の種類(被共済者1名当りの金額)

 300万円・500万円・1,000万円

死亡共済金 共済金額
後遺障害共済金 共済金額の100%~4%
医療共済金 入院(1日につき)共済金額の1000分の1.5
通院(1日につき)共済金額の1000分の1
※事故発生より180日が限度になります。

~他人の車や物を壊してしまった場合への備え~

対物共済

 自動車事故により、他人の財物(車、家屋、電柱など)を壊し、法律上の損害賠償責任を負ったときに共済金をお支払いします。

共済金額の種類(1事故当りの補償限度額) 

100万円・200万円・300万円・400万円・500万円・800万円・1,000万円・1,500万円・2,000万円
3,000万円・5,000万円・7,000万円・1億円・無制限

※次に該当する事故で、かつ、対物共済金が無制限であっても10億円を超える事故の場合、支払限度額は「10億円」となります。

  • 危険物積載車の火災・爆発・漏洩に起因する事故
  • 航空機に関連する事故
  • A種工作車(クレーン・ショベル付)
  • レースカー
  • ラリーカー
  • その他上記に準じる特殊自動車

免責金額(自己負担額)

 0万円・3万円・5万円・10万円・20万円
 

~火災、爆発、漏えいに起因した事故への備え~

火災・爆発・漏えい危険のみ高額担保特約(火爆漏特約)(対物共済(主契約)に付帯してご契約いただけます)
 自動車事故により、車に積載されている物の火災、爆発、漏えいに起因して、他人の財物を壊し、法律上の損害賠償責任を負ったときに共済金をお支払いします。

共済金額(主契約の共済金額を含みます)

 10億円(限度額)

付帯できる主契約(対物共済)の共済金額

 100万円・200万円・300万円・400万円・500万円・800万円・1,000万円・1,500万円・2,000万円

 ※主契約(対物共済)が2,000万円を超える場合は、主契約の共済金額を無制限で
  ご契約いただく方が割安となっておりますので設定しておりません。

付帯できる車種

  • 事業用普通貨物自動車(2t超)
  • 事業用普通貨物自動車(2t以下)
  • 事業用小型貨物自動車

~契約車両が損傷した場合への備え~

車両共済

 衝突、接触、転落、火災、盗難などの偶然な事故によって契約車両が損害を被ったときに共済金をお支払いします。
 ※地震、噴火、津波は補償の対象外です。

共済金額の種類

 20万円~2,000万円(56種類)でご契約時における車両時価額の80%~100%の範囲内で選択できます。
 ※共済金額は、車種により限度額があります。
 
免責金額(自己負担額)
 0万円・5万円・7万円・10万円(免責金0万円、5万円は自家用6車種のみ設定)

 ※損害額が共済金額以上の場合は、全損として事故発生時に車両共済契約は終了します。

共済掛金の割引・割増

  • 共済掛金の割引・割増は、契約者の契約自動車に一律に適用されます。
    優良割引 0%~65%(1%刻み)
    ・基本共済掛金から所定の割引率を割引します。
    多数割引 5%・・・5台~9台  10%・・・10台以上
    ・共済種類毎に上記の台数要件を満たす場合に、優良割引に合算して適用します。
  • 割増:補償率が基準を超えた場合には割増が適用されます。

▲ページトップ


Copyright (C) 三重県交通共済協同組合. All Rights Reserved.