資料請求お問い合わせ

各種事故防止対策の紹介

ホーム > 事故防止活動 > 各種事故防止対策の紹介

事故抑止目標ポスター2017安全・確実な運行は、貨物運送事業者の生命線です。

当組合では、様々な事故防止活動を実施し組合員の皆さんとともに契約自動車の交通事故防止に努力しています。

また、当組合は三重県交通対策協議会に加入し地域の交通安全にも積極的に貢献しています。


地区支部安全運転講習会

運転者の安全意識向上を目的として各地区支部で警察、外部講師を招いて安全運転の高揚を図っています。

事故惹起運転者及び初任運転者に対する特別指導講習

国土交通省指導に基づき、事業者に義務付けられた講習会を事業者に代わって年2回開催しています。

安全運転のための実技訓練の実施

鈴鹿サーキット交通教育センターにおいて、降雨中の路面での急制動・加速減など、実技を主体とした特殊訓練を実施しています。

個別講習会

組合員事業所等に対して、組合所有のビデオ・テープ等視聴覚教材及び安全運転啓発資料(小冊子)等の有効活用と組合から講師を派遣する講習会を開催し、事故事例に基づく実践的な安全意識の向上を図るなど事故防止活動に積極的に支援・援助を行っています。

また、事故多発(事故率・損害率)及び死亡事故等重大事故を引き起こした組合員事業所へのアドバイス・安全講習会の開催等を行っています。

コンピュータ(CRT方式)による運転診断適性診断の実施

検査機器を専用車両に搭載し、ご要望に応じて、各事業所に出向いて診断を行います。

インターネット適性診断システム「ナスバネット」

独立行政法人自動車事故対策機構が開発した新しい適性診断のシステムです。

安全教育ビデオテープ・DVDの貸出し

社内研修会における、運転者向け視聴覚教材として交通安全ビデオテープ(DVD)を無料で貸し出しします。

申込書ダウンロードPDF

トラック交通安全モデル事業 (休止中)

運送事業所における交通安全自主活動を促進するため、ふさわしい事業所を選定し、そのシンボルとなる「トラック交通安全モデル像」(以下 交通安全像という。)をリレー方式により、一定期間事業所に設置し、同事業所と共済組合が協力して交通安全対策を集中的に実施することにより、事業所の交通事故防止を図ることを目的とします。

セーフティ・ドライブ・チャレンジ100運動

運転者の交通モラルの向上と重大事故に直結する交通違反防止のため、組合員が一丸となって事業所内の全ての交通事故防止に集中して取組み、100日間の無事故を目指す運動です。年末・年始の繁忙期を控えた12月から3月まで100日間にわたり実施します。

三重県交通対策協議会と連携した啓発活動への参加

三重県交通対策協議会(会長、三重県知事)は、交通安全の確保ならびに交通の円滑化及び能率化を図るため、関係行政機関、各種団体等が相互に緊密な連絡を保ち、総合的かつ効果的な対策を推進する機関です。

当組合は、四季毎に行われる街頭啓発活動等の実践的交通安全啓発活動に参加し、地域の交通安全に貢献しています。

優良組合員及び優良運転者の表彰

組合の表彰取扱規程の定めるところに従い、交通事故防止に功績のあった優良組合員及び当該組合員から推薦された運転者を対象に組合員の模範として表彰を行い、賞状及び記念品を贈呈します。なお、表彰式は通常総代会において実施します。

事業主特別研修会

運転者管理の徹底とその具体策を研究するため、事業主、運行管理者を対象に、学識経験者等の専門家を講師に招き研修会を開催しています。

事故防止標語等の懸賞募集

事故防止対策の一環として、組合員及び組合員事業所の運転者等に対する安全運転意識の高揚並びに事故防止への関心を高めるために、事故防止に関する「標語」、「体験記」、「児童画」を懸賞募集して交協連が主催する懸賞募集に応募致します。

安全情報の発行

具体的な事故防止策を写真を用いて理解しやすくまとめられています。類似事故を防止するため、事業所や休憩室に掲示するなど活用していただいています。

自動車事故被害者援護活動

交通事故被害者に対する援護活動を、当共済の社会貢献として、各種行事等の開催時に組合員等から、募金活動を実施しています。

尚、募金については交通遺児などを援護している、財団法人交通遺児等育成基金を通じて寄付を行います。

▲ページトップ


Copyright (C) 三重県交通共済協同組合. All Rights Reserved.