資料請求お問い合わせ

平成29年度安全装置助成制度

ホーム > 事故防止活動 > 平成29年度安全装置助成制度

安全装置導入促進助成制度の概要  

1.助成要件

平成29年度中(4月1日以降)に助成対象安全装置を購入(リース含む)した共済契約締結車両に対して助成します。
ただし、配線工事を必要としない装置については、共済契約締結車両に限りません。

2.助成対象安全装置

(1)ドライブレコーダー(解析機器・ソフトを含む。)
(2)デジタルタコグラフ(解析機器・ソフトを含む。)
(3)バックアイカメラ (後方視野確認支援装置)
(4)衝突被害軽減ブレーキ装置
(5)過労運転等対策機器
(6)アルコール検知器
(7)その他事故防止に効果があると認められる機器

※1 機器メーカー・機種等の指定はなし。
※2 配線工事をして車両に装着する装置は、共済契約締結の車両を対象とする。
※3 過労運転等対策機器とは、運転中に運転者の疲労状態や眠気、車両のふらつき等を検知して
    運転者に警告する機器のことをいう。
※4 その他事故防止に効果があると認められる機器とは、「音声警報装置」等の機器のことをいう。

3.助成金額

前記2に記載の(1)~(7)の安全装置について1機あたり1万円とします。
ただし、同装置を1万円未満で購入(リース)した場合は、その価格を限度とします。

4.助成限度

1組合員あたりの助成総額は10万円までとし、機数は共済契約車両台数を上限とします。
(例)共済契約台数5台の場合、1万円×5機=5万円が上限。

5.助成金交付申請

安全装置の装着が完了後、「安全装置助成申請書」に必要事項を記入・捺印の上、領収書等必要書類を添付し、当組合に申請してください。
※申請書のFAXによる受付は行っておりません。郵送又は窓口へ持参をお願いします。
なお、申請総額が助成予算額に達した場合は、その時点で申請受付を終了します。

6.助成金交付

申請を受付け後、速やかに内容等を審査し、交付します。

※FAXでの受付は出来ませんので、郵送にて申請してください。


▲ページトップ


Copyright (C) 三重県交通共済協同組合. All Rights Reserved.